お金がないストレスの解消

 

「借金の返済日までにお金を用意しないと...」

 

お金がないと常に借金や返済日の事で頭がいっぱいになってしまい、どんどんストレスが貯まっていきます。

 

家族や親友にもお金の相談はなかなかできず、逆に借金はトラブルの元になります。

 

最近でいうとFacebookのCEOマーク・ザッカーバーグが自身の保有するFacebook株の99%に当たる

 

時価総額450億ドル相当を慈善団体に寄付するというニュースが話題なりました。

 

その桁違いの額に驚いた人も多いと思いますが、

 

ザッカーバーグ氏の場合他にも複数社の株や土地などを保有する他、

 

残った1%のFacebook株ですら5億円近い価値がありますから、

 

やはり私達とは金銭感覚が全く違うようです。

 

暮らしの中でどのくらいのお金が必要なのかはその人の生活水準で大きくかわります。

 

「お金がない」「自分は貧乏だ」と考えている人の暮らしも、

 

別の人からみたら充分幸せで裕福な暮らしと捉えることもできます。

 

仕事も同じで給料や年収だけを見て自分に合っていない仕事をすると

 

ストレスや病気で返ってお金がかかってしまう場合もあります。

 

仕事上のストレスを感じている方は一度ストレスチェックを受けてみてはいかがでしょうか?

 

ただ、お金がない時のストレスは仕事だけでなく日常生活にも影響します。

 

早めに返済計画を建てて解決することが重要です。

 

お金がないからと言ってヤミ金に手をだすことは絶対やめてください。

 

法外な年利や金利によってさらに借金が増えてしまう可能性が高いです。

 

給料日前など収入の見込みが合って短期的にお金を借りるならキャッシング便利です。

 

例えば、プロミスやアコムの場合、借入後30日間は金利0というサービスを行っているので、

 

2万円の生活費が必要な場合、30日の利息は300円以下です。さらに30日以内なら利息分も無料になります。

 

借りたお金は必ず返さなくては行けないので限度をわきまえて借りましょう。

 

ストレスで鬱になってしまう前に

 

悩んだ時には誰かに相談したくなりますが

 

お金についての相談は家族や親友など親しい人程、しづらいものです。

 

ただし、そこでストレスを一人で抱え込んでしまうのはよくありません。

 

その時はお住まいの市や区などの行政法人に相談して見ましょう。

 

子育て・就業など場合によっては何らかの手当を受けられる可能性があります。

 

ストレスでうつ病になってしまう前に相談に行きましょう!。

 

 

更新履歴